田舎暮らしと野菜作りの日記

楽しくやりくりしながら田舎暮らしをしています。

ラジオショッピングにどんなイメージがありますか?

ラジオ通販番組は昭和の時代からラジオでしている通信販売の一つです。

商品紹介の多くは、番組のパーソナリティなどによって行なわれます。ラジオショッピングでの商品の紹介にかける時間はごくわずかです。パーソナリティなどの紹介者の言葉や話し方などにより商品の印象が左右されてしまうこともあります。

なのでラジオショッピングでは、実際に紹介商品を見て購入したいのならあまり向いていないのではないでしょうか。

といっても、紹介された商品を買った人の中には、おきにいりのパーソナリティが紹介した商品を買う人は多いようです。12月も中半を過ぎると、おせちの予約もオワリです。

ラジオショッピングでもおせちに特典なんかをつけて宣伝しています。

私は数年前からラジオ通販で紹介されたおせちをネットで注文します。

有名どころのおせちは、中身もあまり変わりません。だからでしょうか、おせち以外の特典で他社との区別をしようとしています。
通信販売とは、無店舗販売で小売りを行うことです。
販売店舗ではなく、媒体を使って商品をアクセスした消費者から注文をうけます。今ではネット端末の普及にともない「通信販売」や「通販」といえば、多くはウェブホームページでのことを指すことがあるのです。

通信販売業者には、無店舗業者だけにとどまらず種々雑多です。

ラジオショッピング(Radio Shopping)は、ラジオの放送をとおして流されるショッピング番組です。

通販のこととなります。

日本国内においては、民放ラジオ局のプログラム中に流されることや、ショッピング番組として別に放送されています。
そんなラジオショッピングは、文化放送開発センター(文化放送の関連会社)が、昭和48年に初めて放送されました。

ラジオショッピングを行う通販会社の利点は、テレビショッピングに対して、購入者も「ラジオを聴いて自分のイメージで注文したから、ある程度違うこともある」と承諾しているのか、商品が到着した時に、「こんな感じだとは思っていなかった」というようなクレームが少なくテレビショッピングより返品も大幅に少ないようです。

ラジオショッピングを運営する企業にまあまあ、テレビ放送と比べると少ない予算で行なえるメリットがあることから大企業をはじめ地方の中小企業まで、参入する企業業態は様々です。

毎年、年末年始を海外に行く方も多いと思います。

昔より海外旅行はごく普通になりましたが、やっぱり年末年始となると話は違います。ハワイに行っても韓国にしても、言葉には不自由しなくなりました。
それでもやっぱり病気になったりしたら、現地の人には伝えにくいです。そんなときの為に便利なのが、ラジオ通販で紹介していた携帯翻わけ機なんです。

ラジオショッピングにおいて、メディアの性質上、画像や印刷物と違い、商品の実物が分かりにくいです。そこで、販売元もしくは商品のメーカーの実績や評価もラジオショッピングを利用するときの注意点です。本日ではネットの通販やテレビの通販で、日用品から電化製品などを買う人が多いです。
その他にも意外と人気なのが「ラジオ通販」なんです。

ラジオをきく機会が少なくなったかも知れませんが、通販好きな人なら、ラジオ通販の利用もいいですね。ラジオショッピングでは、商品についてはきくだけなので、とても想像しやすくその商品の説明や効果を説明しています。思ってもいなかった商品に魅力を感じることもあります。

自宅に居ながらサクッと注文ができるので、会社員でも主婦でも学生でも、すきま時間を使ってお買い物可能ですね。ラジオリスナーの年齢層は?若い世代の人にはなじみが薄いのではないでしょうか。ラジオを聴いている男性と女性の割合は半々ずつなんですね。

年齢が上がるにつれて、ラジオリスナーの割合は高まっている傾向があるのです。また、地方に暮らしている人が多いのもラジオの特長です。

日常的にラジオをきく習慣のある方の割合では、「地方」に分類される東北や九州の都道府県が並んでいます。都会の若者などからは想像しにくい形で、日常的にラジオをきく層が今も存在しています。
初めの頃のラジオショッピングは、民放ラジオ局とそのグループ企業により放送するラジオショッピング番組が一般的だったのですが、2006年以降のラジオ業界の広告収入の減少に伴い、今では、広告主による通販番組が増えています。ラジオショッピングにおいては、民放ラジオ局自体かその関連企業が行うものと全く別の通販会社などが、スポンサー通販といわれる外部の通販会社による商品販売に分かれます。
うちではあまりエアコンを使いませんが、指すがに真夏日が続くと、なしではいられませんね。

しかし、どうしてもエアコンの電気代が気になります。

ラジオで聴いたのですが、年々、エアコンは省エネになっているようで、電気代は1時間で約2円ほどなんですね。

ラジオ通販のエアコンに買い替えしたくてたまりません。

ラジオショッピングは、ラジオ局及びグループ企業がオンエアーされるラジオショッピングは、商品構成にその局ならではの色が出るが、どの局もジャンルは手広く扱っています。

実例としてはパソコンやデジタルカメラ、加湿器、エアコン(標準の取り付け込み)のように大小の電化製品から、ジュエリー、高級時計、衣料品や食品、ついに、仏壇やお手洗いリフォームの取扱いもあったりします。ラジオショッピングの多くは、今ではスポンサー通販が占めています。スポンサー通販においても、家電・精密専門主体の通販会社と、美容・健康関連の商品が主体の通販会社があるのです。

日本の民間ラジオ局の多くは、ネットワーク組織に入っていて放送網が形成されています。

AMはジャパン・ラジオ・ネットワークと全国ラジオネットワーク、FM放送は全国FM放送協議会とジャパン・エフエム・リーグ、メガネットです。

さらに、NHK-FM放送と放送大学以外の全国FM連合があるのです。
(全民放FM局が参加)だけども、全国FM放送協議会とメガネット、全国FM連合は他のネットワークより、ネットワークとしての関係性はそれほど密ではありません。

情報をやり取りしたり一部の番組販売、、定期的ではない合同キャンペーンなどに留まります。

ラジオ広告に対して、どんなイメージがあるのですか?ラジオを聞いたことがある人なら、ラジオ広告が流れているのを聞いたことがあるでしょう。

AMやFMとも民放なら、番組の間にはテレビと同様にCMが流れていますよね。

アトラジオ広告の中には、商品紹介をラジオ番組として導入するタイプもあります。

パーソナリティをはじめ番組出演者が、「今月のお薦め商品は人気の○○」「薄毛が気になる人には◎◎がお薦め」など、商品紹介します。
時には広告主の企業のその商品担当者も出演したりと、より訴求効果が高くなるような演出をしています。ベイfmで放送中!快適生活ラジオショッピングの商品

コメントは受け付けていません。